年齢肌のトラブルの原因と効果的なアンチエイジングとは?

スキンケアでは、アンチエイジングという言葉だけがひとり歩きしています。あなたの肌の年齢肌のトラブルは何が原因で起こっているのかを知っていますか?年齢肌の原因を知らないどでは効果的なアンチエイジングを行うことはできません。

年齢肌の原因とアンチエイジング

年齢肌の原因としては、年齢によるもの、紫外線、酸化、乾燥、糖化等が挙げられます。

これらが相重なって、しわやたるみ、シミ、ハリや弾力の低下、くすみなど、年齢肌のトラブルを起こしています。歳を重ねると筋力や代謝が低下するのと同様に、肌も老化していくのは仕方がないことです。そんな肌老化を少しでも遅くして、今できる最大限の若々しい肌をキープする期間を長くすることが「アンチエイジング」です。

アンチエイジングの強い味方になってくれるのがスキンケアです。化粧品によっては、しわやたるみ、シミ、ハリや弾力の低下、くすみなど、年齢肌のトラブルに対して効果を発揮してくれるものもあります。しかし、ここで注意していただきたいのが、アンチエイジングをうたった化粧品が、必ずしもすべての年齢肌のトラブルに効果があるわけではないということです。

化粧品に配合されている美容成分によって、その効果は変わります。アンチエイジングを始める際は、自分自身がどの年齢肌のトラブルを一番に改善したいのかを考えて、それに合ったスキンケアをすることが大切です。

これから、年齢肌の原因の中でも、紫外線、乾燥、糖化について詳しく説明していきます。それぞれがどのような年齢肌のトラブルを起こしてしまうのか、また、それをふせぐ効果的なアンチエイジング方法をお教えしします。

紫外線による年齢肌のトラブル

紫外線が原因による年齢肌のトラブルは、シミやシワなどです。
若い頃から浴びてきた紫外線がによって体内にメラニンが蓄積され、それがある程度の年齢になると急にシミやシワとなって現れてきます。そのため気づいた時には手遅れの場合も多く、とても厄介なものです。

紫外線による年齢肌のトラブルを防ぐ為に効果的なアンチエイジング方法は、紫外線にあたらないことと、食事などでビタミンを多く摂取することです。
また、体内のメラニンに対してはビタミンCが効果的な働きをしてくれるので、紫外線による年齢肌のトラブルが気になる方は、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品がおすすめです。

乾燥による年齢肌のトラブル

残念ながら、肌の潤いに必要な成分は20歳をピークにどんどん減少していきます。肌は乾燥してしまうと、肌のハリや弾力となるコラーゲンやエラスチンまで減少し、たるみやシワなどの年齢肌のトラブルが起こります。

年齢肌の乾燥を防ぐためにに効果的なアンチエイジング方法は、セラミドを多く補うことです。セラミドなどの肌の潤いを保つ働きのある美容成分を多く含んだ化粧品を使うことで、肌が潤いをとり戻し、たるみやシワを改善することができます。

保湿成分で大切なことは、肌の潤いをどれだけキープすることができるかが重要になります。自分自身の肌に合った保湿成分を見つけることが大切です。

糖化による年齢肌のトラブル

糖化による年齢肌のトラブルは、くすみです。肌を形成するコラーゲンや角質のケラチンはもともと透明なのですが、糖化することで黄色や茶褐色に変色していまいます。これがくすみの原因。

この糖化を防ぐために効果的なアンチエイジング方法は、スキンケアではなく食事にあります。
食事などでの糖分の過剰摂取に注意する必要があります。

一般的に糖化には、血糖値を上昇させない食事がいいと言われています。
白砂糖などは、血糖値を一気に上げてしまうので、肌だけでなく健康のためにも控えた方が良いでしょう。

日常生活の中で白砂糖は1番親しみのあるものですが、実は健康にも肌にもあまりよくありません。
白砂糖の代わりにおすすめなのが、三温糖です。三温糖は、白砂糖を白く漂白する前の砂糖の状態で、見た目的には茶色なので体に良くないのではと思われがちですが、断然三温糖の方が体に害が少ないです。

年齢肌のサインを知ってアンチエイジングを始めよう!

アンチエイジングってよく聞くけど、年齢肌の兆候やサインって知らない方も多いのではないでしょうか?まずは、年齢肌のサインを知って、それに合わせたアンチエイジングを行っていくことが大切です。

年齢肌の兆候やサイン

年齢肌の兆候やサインには、どのようなことをイメージされますか?

・頬のたるみ
・目尻のシワ
・目元のシミ
・白髪や髪のパサつき

などが挙げらえるのではないでしょうか。
これらは、その人の見た目年齢を決定づける大きな要因になるものです。
どれか一つでも目立ってしまうと、一気に老け込んだ印象を与えてしまいます。

アンチエイジングとは、それらの加齢による年齢肌のトラブルが起こるメカニズムを理解して、少しでもそのスピードを遅らせて、いつまでも心と体、肌が若々しくいられるように努力することです。

そのためには、まずは、加齢による年齢肌のトラブルが起こるメカニズムを理解することが大切です。

加齢による年齢肌のトラブルの5大要因

加齢によって、体の中で様々な変化が起こっています。その中でも、特に年齢肌のトラブルにつながる5つの要因を紹介します。

・新陳代謝の低下
・ホルモン分泌の低下
・筋力の低下
・活性酸素の増加
・光老化

最後の「光老化」は加齢によるものではないのですが、年を重ねるごとに蓄積された紫外線ダメージによる老化のことです。
これらの要因が複雑にからみ合いながら、年齢肌の肌トラブルとして兆候やサインが現れてきます。

その兆候やサインには、

・肌の乾燥
・寝ジワなどが戻らないがついて戻らない
・髪の毛がパサつく
・皮膚が垂れてくる
・日焼けの回復が遅い

などがあります。これらが年齢肌のサインになるのです。
年齢肌の肌トラブルには個人差もありますが、兆候やサインが出始めるのは30歳ごろからです。なので、40代を過ぎてからアンチエイジングを意識し始める方が多いのですが、20代、30代から始めても遅くはないのです。

アンチエイジングは何をすればいいの?

しかし、実際に年齢肌の肌トラブルも出ていないのに、何をすればいいのかわからないという方がほとんどです。
アンチエイジングは毎日の生活を意識するだけも行えることがたくさんあります。

・年齢肌についての知識を身につける
・体にとって良い規則正しい生活をする
・アンチエイジング効果のある栄養を摂る
・肌に負担のないスキンケアで肌をダメージから守る

などなど、たくさんあります。
そのためには、毎日の生活で意識するべきことは、

・食事
・運動
・睡眠
・ストレス

です。これらは、アンチエイジングだけでなく、健康を維持するためにも大切なことです。
つまりは、健康的な生活をこころがけることが、自然とアンチエイジングにツナががっているのです。

毎日のこれらの生活が乱れることで、ヒトの身体がもつ免疫作用が低くなります。体の抵抗力が低くなるというこは、肌の抵抗力も弱くなるということです。肌の抵抗力が弱くなると、紫外線やストレスなど、肌がダメージを大きく受けてしまいます。

また、疲れが貯まったり寝不足になることでも免疫力は低下してしまいます。そうなると、体の中では活性酸素が発生しやすく、老廃物の代謝などができなくなり体に蓄積するのです。肌の老化が、体の内側の影響を大きく受けやすいので、年齢肌の肌トラブルとしてダイレクトに現れてきます。よく、育児や家事、仕事で疲れきっている女性は老けて見えるといいいますが、まさにそういうことです。

肌はその人の生活を現します。スキンケアでアンチエイジングを行うことも大切ですが、まずはその前に自身の生活を見直して、年齢肌を進めてしまっていないかをみなおしてみてください。それがアンチエイジングの第一歩です。

年齢肌は改善したいけど・・・そもそもアンチエイジングって何?

「いつまでも若々しくいたい!」というのは、女性、男性に関わらず誰もが思っていることです。年齢を重ねるごとに年齢肌の悩みは増えていきます。年齢肌を改善する前に、そもそもアンチエイジングと何なのでしょうか?アンチエイジングの意味やメリットを知り、年齢肌に負けない若々しい肌を目指しましょう。

アンチエイジングって何?

アンチエイジングとは、「エイジング=加齢、老化」を「アンチする=反対、逆行させる」という意味があります。日本語で言うと、「抗加齢」や「抗老化」といった表現になります。ただし、人間は生きている限り、必ず歳をとります。つまりは、自然と老化していくのは当然のことで、この老化を完全に止めることはできません。

そのため、「アンチエイジング=若返り」と勘違いしないようにしましょう。

美容業界でのアンチエイジングとは、あくまで老化の流れを遅くすることです。アンチエイジングをすることによって、老化によって起こる様々な肌の悩みを少しでも減らして、より若々しい人生を送ることが理想とされています。

アンチエイジングをすることのメリット

アンチエイジングをすることで、どのような効果がありメリットをもたらしてくれるのかを紹介していきます。

若々しい姿を保てる

「年をとっても若々しくキレイに見られたい」と思うのは、当然の気持ちで、女性であればなおさらです。アンチエイジングをすることによって、実年齢よりも若々しい姿を保つことができます。

病気のリスク軽減・健康寿命が長くなる

寿命とは、人が生まれてから死ぬまでの期間のことを言いますが、健康寿命というのは、人が健康に生活できるまでの期間のことです。いくら寿命が長くても、健康に生活できなければ充実した日々を送るのが難しくなってしまいます。アンチエイジングで、老化を食い止めることで、自然と病気のリスク軽減にもつながり、健康的な生活を送ることができる期間を長くすることができます。

家族の負担軽減

アンチエイジングは美容業界でよく使われるのですが、健康寿命を長くすることによって、ゆくゆくは家族などあなたの周りの人たちの介護負担などを軽減することもできます。

美肌効果

アンチエイジングをすることによって、加齢とともに肌が老化するのを遅らせる、美肌効果を得ることができます。美容業界でのアンチエイジングでは、美しさをとり戻すというような意味もあり、専門的なクリニックでは施術によって、セルフケアではできないような美しさを取り戻すこともできます。

自宅でアンチエイジングはできないの?

そんなことはありません。アンチエイジングは、日々の生活を見直すことでも十分に効果的なセルフケアが行えます。

日々の生活の中でのアンチエイジングで気にするべき点は、「食事」「睡眠」「運動」「スキンケア」です。
肌に必要な成分をしっかりと含んで食事や、体の老化の原因となる酸化を防ぐ食事、成長ホルモンを分泌する睡眠、基礎代謝をつくる運動、紫外線から守るスキンケアで、それだけでの老化を遅らせることができます。

まとめ

アンチエイジングとは、体の内側と外側の両方から老化を遅らせる方法(考え方)です。毎日、スキンケアを続けていれば肌の老化の速度を遅くできるだけでなく、ハリや弾力、肌の潤いが以前よりも出てきます。意識してアンチエイジングを行うことによって、自然と健康的な美肌に近づくことができるのです。アンチエイジングは、健康面、美容面、どちらの視点から見てもおすすめなことです。

老化することは止めることはできませんが、その速度を遅くして、健康的で美しく過ごせる期間を長くすることは可能なのです。日頃の食事や睡眠、スキンケアなどを工夫しつつ、自分のライフスタイルに合ったアンチエイジングの方法を見つけていきましょう。

年齢肌に合わせた化粧品の選び方を知ってアンチエイジング!

年齢肌の悩みというのは、実は、遺伝子的な問題と生活習慣の違いによって大きく変わってきます。肌がきれいな人と、肌老化による年齢肌が気になる人には、遺伝子の違いに加えて生活習慣の違いが大きな差をつくります。年齢肌に負けない、きれいな肌を手に入れるには、自分の肌質にあった肌対策や化粧品選びでのアンチエイジングが必要です。

年齢肌の悩みは遺伝子の問題?

年齢を重ねるとともに、目立ってくる肌の老化。肌が老化することで起こりがちな、デコボコ毛穴、たるみ毛穴、シミ、シワは、個人の老化遺伝子によって大きく変わっていきます。全く同じ生活習慣を送っていても、年齢肌に悩む人と、年齢肌に悩まない人がいるというのは、もともとの肌質をつくている老化遺伝子に違いがあるということです。さらに、遺伝子の問題に生活習慣の違いがプラスされることで、個人の肌年齢が決定されていきます。

年齢肌の悩みが起こる原因

デコボコ毛穴やたるみ毛穴、顔のたるみといった年齢肌が気になる方は、遺伝や生活習慣などの理由で、コラーゲンを代謝する遺伝子が変異しやすくなっている可能性があります。
また、なかなか消えない頑固なシミや、シワといった年齢肌が気になる方も、遺伝や、ストレスや紫外線、食習慣、生活習慣などの影響で、体内に活性酸素が多く発生し、肌細胞や遺伝子を傷つけやすくなっている可能性があります。ストレスを代謝する遺伝子や、有害物質から守ってくれている遺伝子に変異が起こっている可能性があります。

アンチエイジング化粧品の選び方の注意点

個人の肌質は、個人がもともと持っている遺伝子の違いに、生活習慣などの要因がプラスされて決定されていきます。
例えば、肌が老化しにくいタイプの人が、肌にとってよくない生活習慣を送っていた場合と、規則正しい生活習慣を送っていた場合。規則正しい生活を送っていた場合の方が、肌質がよくなる可能性があります。

遺伝的な問題があるにしても、生活習慣やスキンケアが肌質を大きく左右します。
アンチエイジングで必要なことは、自分の肌質をしっかり知って、自分が持っている遺伝子の働きを少しでも助けられるような肌質にあった化粧品を選ぶことが大切です。

一般的には、シワやたるみ対策のアンチエイジング化粧品には、コラーゲンや、コラーゲンの生成を助ける美容成分が配合されていることが多いです。また、シミやくすみなどの美白対策のアンチエイジング化粧品では、メラニン生成を抑えるたり、メラニンの排出を促す美容成分が配合されていることが多いです、

デコボコ毛穴や、たるみ毛穴も基本的にはシワやたるみ対策と同様で、コラーゲンや、コラーゲンの生成を助ける美容成分が含まれる特徴があります。自分の肌質を知って、それぞれに合った化粧品を選びましょう。

また、肌トラブルが起こりやすい年齢肌は、肌が敏感肌に傾いている傾向があります。なので、年齢肌の悩みに直接アプローチする化粧品を選ぶのもいいですが、敏感肌対策の化粧品を使って、スキンケアを行うことで、総合的に肌本来の力(肌の土台)をとり戻すことができます。なので、敏感肌対策のスキンケアで土台を整えてから、アンチエイジング対策のスキンケアをする方が効果的かもしれません。「敏感肌のための化粧品の見つけ方」も年齢肌の化粧品選びの参考にしてみてください。

年齢肌に合わせた化粧品の選び方を知ってアンチエイジング!のまとめ

いかがでしたか?また、最近では、老化遺伝子検索キットなども販売されているので、一度遺伝子を調べてみてもいいかもしれませんね。自分の肌、どうしてシワやたるみが起こりやすいのか、シミができやすいのかなど、一度、自分の肌質を見直してみて、自分の肌質にあったエイジングケアを始めてみましょう。

アンチエイジングの基本だけで年齢肌が若くなる!?

年齢肌が若くなるアンチエイジングの基本

年齢肌を改善するアンチエイジングの基本は、体が元気であること。
「何だか最近身体がだるい日が続く」「体が重くて動くのが面倒」「疲れがすぐに溜まって元気も出ない」
これは、体調が崩れている証拠です。体調は、お肌にも大きな影響を与えてしまいます!年齢肌に負けない若々しさを保つには、体を元気にすることです!ここでは、体調を整えるアンチエイジングの基本を紹介します!このアンチエイジングの基本を行うだけでも年齢肌は若くなります!ぜひ、試してみてださい。

体調を整えるアンチエイジングの4つ基本

体調を整えて、年齢肌を若く保つ、アンチエイジングのための4つの基本を紹介していきます。

アンチエイジングの基本①:規則正しい生活で睡眠時間を確保!

体調を整える基本は、規則正しい生活、朝起きて、日中動いて、夜は寝ることです。朝、太陽の光を感じることで体内時計は動きます。夜になると眠くなり、一定時間眠ると自然と目が覚める。この睡眠と目覚めのリズムを正しくすることで、体温や血圧、脈などのバイタルサインやホルモンの分泌、排便の量も規則性を持って正しく行われ体調が良くなります。

アンチエイジングにとって、肌の大敵となる寝不足はNGです。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の再生・修復を促されます。睡眠時間が短いと、弱った細胞がそのまま放置され、肌老化が進んで年齢肌も悪化してしまいます。

アンチエイジングの基本②:バランスの摂れた食事で栄養を確保!

食ではカロリー制限も大事ですが、問題は栄養バランスです。脂質が多い食事に偏ってしまうと、コレルテロールや中性脂肪が増え、肥満となるうえに、動脈硬化などの怖い病気も発症しやすく体調を改善するどころか悪化してしまいます。さらに、栄養が偏ると肌に必要な栄養が肌まで届かずに年齢肌も悪化してしまいます。そうならないためにもバランスが摂れた食事が大切です。

食事の基本形は、

・主食となる、ご飯・パン・うどん・パスタなどの炭水化物を。
・副菜では、野菜サラダ・酢の物・味噌汁・野菜炒め・おひたし・芋煮など食物繊維やビタミン・ミネラルが含まれるものを。
・主菜では、肉・魚・卵・大豆製品などのたんぱく質を。
・牛乳やヨーグルト、ちーずなどでカルシウムを。
・みかん・りんご・カキ・すいか・いちごなどの果物でビタミンCやカリウムを。

これらを、大量に摂取するのではなく、多くの種類の食物を摂ることが栄養バランスの良い食事になります。忙しい現代では中々難しいものですが、サプリメントなどもうまく活用しながらしっかりと栄養を肌に届けることが大切です。

アンチエイジングの基本③:適度な運動で老化を防ぐ!

運動といっても、ランニングや、ジムに通ったりという運動ではありません。日々の生活で少しでも体を動かすということを意識することが大切です。いつもなら自転車でいく買い物を歩いていってみたり、今日は1駅歩いてみようかな、エレベーターはやめて階段をつかうなど些細なことからで大丈夫です。逆に、急激に激しい運動は、体にも負担になり体調を悪くしてしまいます。ちょっと体を動かすことが習慣化すれば、筋肉が自然に鍛えられていきます。筋肉が鍛えられることがアンチエイジングに繋がるのです。

アンチエイジングの基本④:加齢で少なくなった水分を確保!

人間の体の60%は水分です。この水分の量は年齢によって異なり、赤ちゃんが一番多く80%で、老人では50%にまで減少します。肌の乾燥は、肌にとってよくないということは皆さんもご存知かと思います。しかし、水分が必要なのは肌だけではなく体も同じなのです。まずは体の水分を満たすことがアンチエイジングに繋がります。

アンチエイジングの基本だけで年齢肌が若くなる!? のまとめ

いかがでしたでしょうか?年齢肌を若くするためにスキンケアも大切ですが、体調を整えることで体の内側からのアンチエイジングをする方が、より効果的だと思いませんか?体調を整えることで、健康と若さの両方が手に入るなんてとてもうれしいですよね。ぜひ、一度自身の生活スタイルを見直して、紹介した4つの基本を行ってみてください。

年齢肌の悩み。アンチエイジング化粧品はいつから使えばいいの?

迫ってくる年齢肌の悩み。いつまでも若々しい素肌でいたいですよね。最近はアンチエイジング化粧品も充実し、年齢を感じさせない女性がとても増えています。アンチエイジングはできるだけ早く始めたほうがいいと思っている方も多いようですが、アンチエイジング化粧品は、ある程度年齢を重ねてからのほうが、肌のためには良いといわれています。では、アンチエイジング化粧品はいつから使えばいいのでしょうか?アンチエイジング化粧品をいつから使えばいいのかをお話ししていきます。

アンチエイジング化粧品は30代から

多くの女性は、アンチエイジング化粧品を使いはじめるのは40代からという認識があります。しかし、年齢肌の悩みの原因となる、ヒアルロン酸やコラーゲンを肌に維持する機能の低下は30代から始まっています。そのため、こうした機能をよみがえらせるためアンチエイジング化粧品は30代から取り入れていくことが必要です。

また、肌の酸化(肌老化)を促す紫外線や乾燥などの影響を受けやすいのも30代からです。30代になると急に、肌の変化や衰えを感じていませんか?こうしたことから、最近では30代でアンチエイジング化粧品を使い始める方も増えています!

若いうちからアンチエイジング化粧品を使えばいいんじゃないの?

スキンケアでは、何事も早いうちからの対策が重要です。しかし、10~20代からアンチエイジング化粧品を取り入れてしまうのは、少し考えたほうが良さそうです。その理由を紹介します。

肌の再生機能を低下させてしまう

10~20代の若いうちは、肌が自らの力で水分を保持する機能がしっかりと働いています。自らの力でヒアルロン酸やコラーゲンをつくり出すことができるので、アンチエイジング化粧品を使う必要はまだありません。
逆に、若いうちから、肌への栄養(美容成分)がたっぷり配合されたをアンチエイジング化粧品を使用することで、肌本来の力やアンチエイジング機能を低下してしまう恐れがあります。

「肌断食」というスキンケア方法があるのですが、それは、肌にあえて栄養を与えないことで、肌が本来が持っている機能をよみがえらせるために、一切のスキンケアを断って一定の時間を過ごすというものです。これは、うまく取り入れることで肌に良い刺激を与えることにつながるため、アンチエイジングのために実行している方もたくさんいます。

若いうちからアンチエイジング化粧品を使うことは、肌断食とは逆のことを行っていることになってしまうので、肌が本来持っている機能が低下してしまいます。若いうちは基本的なスキンケアは意識することが大切です。

アンチエイジング化粧品はいつから?年齢肌のサインは?

年齢肌とは、年を重ねた肌のことで、特に加齢に伴う変化が現れた肌のこと言います。アンチエイジング化粧品を使いだすタイミングは、これまでのスキンケアを続けていても、なんとなく保湿効果が足りないと感じたり、肌のハリがなくなってきたように思い始めた頃です。

年齢肌のサインとしては、空気が乾燥している場所に長くいると、ほうれい線が濃くなることがありますが、肌が本来持っている機能が働いていれば、帰宅後にしっかりとスキンケアを行うことで、翌朝にはほうれい線が消えます。これまでは、スキンケアを行うことで、ほうれい線が消えていたけれど、なかなかできてしまったほうれい線が消えなくなってきてしまった人は、肌が本来持っている機能が低下している可能性があります。

30代を過ぎて、少しでも肌に変化を感じたときが、アンチエイジング化粧品を使いだすタイミングです。しっかりとタイミングを見極めて、年齢肌に負けない美肌をキープしていきましょう。

アンチエイジングに最適なポリフェーノールの種類と効果!

アンチエイジングにも効果があるとされているポリフェノール。ポリフェーノールが健康にいいということは知っていても、何を食べれば摂れるのかということまでは詳しくわからない人の方が多いのではないのでしょうか?

ポリフェーノールを多く含む赤ワインは日本でもブームになりましたが、他にもポリフェノールを含む食材はたくさんあります。そこで、ポリフェノールの種類や、効果についてを紹介していきます!

アンチエイジングに効果的なポリフェーノールの種類

ポリフェノールには本当にたくさんの種類があり、それぞれが独自の効果を持っています。たくさんあるポリフェノールの中から代表的なものとその効果をいくつかご紹介していきます。

カカオポリフェノール

カカオポリフェーノールは、チョコレートやココアに含まれているポリフェノールです。カカオ豆に含まれているポリフェノールで、チョコレートの少し香ばしい香りの元にもなっています。カカオポリフェノールの一番の効果は気持ちをリラックスさせることです。ストレスを和らげて、抗ストレスホルモンの分泌も抑制してくれます。

リラックス効果以外にも、

・高血圧予防
・動脈硬化予防
・アレルギー症状の緩和
・脳の活性化
・ニキビ予防

などに効果があるとされています。

疲れた時やストレスを感じた時にチョコレートを食べるいといわれるのは、カカオポリフェノールの効果です。チョコレートのカロリーが気になる人は、ミルクチョコレートよりもダークチョコレート、少し苦いですがカカオの含有量の高いものを選ぶようにしましょう。糖質の摂り過ぎは老化の原因にもなるので注意が必要です。

アントシアニン

アントシアニンは、ブルーベリーなどの青紫の色素成分で、ビルベリー、カシス、なす、紫芋、黒豆、ブドウなどに含まれています。アントシアニンは、光の刺激を脳に伝えるための「ロドプシン」という物質の再合成を促進することで、視力の回復に役立つとされています。また、血圧をあげる酵素の働きを阻害するので、高血圧の予防にも効果があります。

その以外に、

・血小板の凝固を防ぐ
・毛細血管を保護
・心筋梗塞、動脈硬化予防
・肝機能改善

など、さまざまな健康効果があります。また、アントシアニンは加熱しても壊れないないのも嬉しいところです。ただし、食用のブルーベリーよりもサプリメントに使われる野生種のブルーベリーの方がアントシアニンの含有量は多いそうなので、サプリメントで摂取するほうが効率的かもしれません。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒーやさつまいもの皮に含まれていて、細胞の突然変異を防ぐことでがんを予防すると言われています。

カフェ酸

カフェ酸もコーヒーに含まれていていて、コーヒーの色や香りの元になっているポリフェノールです。カフェ酸は、がんの増殖や転移を抑える効果が期待されています。

エラグ酸

ラズベリーやユーカリに含まてれりるエラグさんは、がんの発生だけでなく、増殖も抑える働きがあります。また、血中のコレステロールを低下させ、肝機能を強化する効果もあります。それ以外にも「高血圧」や「糖尿病」などの生活習慣病に効果があるとして注目されているポリフェノールです。

フェルラ酸

米ぬかに含まれるフェルラ酸は、アンチエイジングに効果的な活性酸素を除去する働きがあります。

また、美肌作りに嬉しい効果に

・紫外線を吸収
・メラニン色素の生成を抑える

などがあり、美白効果の高いポリフェノールとして化粧品などに配合されています。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性にとってはなじみのある、大豆や豆腐などの大豆製品に含まれているポリフェノールです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるので、女性ホルモンのバランスを整えてくれるため、

・生理不順
・生理痛
・PMS
・更年期障害の症状緩和

などに役立つとされています。

カテキン

緑茶に多く含まれているカテキンは、殺菌作用、抗菌作用にすぐれています。また、食中毒の原因となる「黄色ブドウ球菌」「腸炎ビブリオ菌」「ボツリヌス菌」などの強力な細菌の細胞膜を破壊して殺すことができます。また、O-157を引き起こす種類の黄色ブドウ球菌や胃潰瘍の原因とされるピロリ菌を退治することができ、夏など食中毒が起こりやすい時期には積極的に取り入れましょう。その他、抗ウイルス作用でインフルエンザや風邪のウイルスからも体を守ってくれます。

カテキンの効果で有名なのは、トクホ(特定保健用食品)でも知られている

・脂肪の吸収を抑えて体脂肪を減らす
・血糖値をさげる

などの働きです。

タンニン

緑茶や紅茶に含まれるている渋みの元「タンニン」。タンニンには肌を引き締める収れん作用があり、洗顔料などの化粧品にも配合されています。

その他にも、

・脂肪分解
・殺菌
・抗がん作用
・抗ウィルス作用

など、様々な効果がります。また、血中コレステロールを低下させることから、心臓疾患や脳梗塞を予防する効果もあるそうです。

ロズマリン酸

タンニンの仲間であるロズマリン酸は、赤しそやローズマリーに多く含まれていて、アンチエイジングに効果的で、その効果の高さから化粧品にも配合されています。
アンチエイジング以外にも、抗炎症作用と抗アレルギー作用が強くため、アトピー性皮膚炎、花粉症、関節炎などの症状にも効果があるとされています。

アップルフェノン(リンゴポリフェノール)

アップルフェノンは名前の通り、リンゴの皮に多く含まれるポリフェノールで、アレルギー症状の改善に役立つとされています。また、メラニンの生成を抑える効果もあるので、年齢肌の敵であるシミの改善にも役立ちます。

ポリフェーノールを摂取して年齢肌を改善

代表的なポリフェーノールを紹介しただけでも、こんなにたくさんの効果が期待できます。アンチエイジングに効果的なポリフェーノールもたくさんあるので、年齢肌を改善するために、積極的にポリフェーノールを摂取していきましょう。

年齢肌を改善!アンチエイジングに効果的な7つの習慣!

仕事や家事に忙しい毎日を過ごしているあなた。ふと鏡を除くと、老けた気が・・・。年齢肌を迎えると、日に日に目立ってくる小ジワやたるみ、ハリを失くしてしまった肌。そこで、毎日続ける食生活に関するアンチエイジングに効果的な7つの習慣をご紹介。肌の老化を防ぐためには、スキンケアと同じくらい、食生活による、体の内側からのケアは欠かせません。

アンチエイジングについて

アンチエイジングとは、「エイジング=年齢肌(老化)」に、「アンチ=反対(抵抗)」することです。

私たちの身体のほとんどは水分です。しかし年齢を重なることで、体の水分量は減少します。生まれたばかりの赤ちゃんは、体重の約75%が水分なのに対して、成人の男女は約60%、シニア世代になると約50%にまで減少していまいます。そして、体の水分量が減少するということは、肌の水分も減少するということです。

さらに、体のハリや潤いを保つ成分も減少し、たるみなどが起こります。これが、年齢肌による肌の老化です。

肌の老化の原因

肌の老化は、「酸化」「ホルモンの減少」「精神」のこの3つが原因と起こります。

酸化

体に侵入してくる細菌やウィルスなどをやっつけてくれる活性酸素ですが、紫外線を浴びたり、便秘などで活性酸素が過剰に発生することで、体を酸化させてシワやシミ、たるみなどの肌トラブルを招いてしまいます。

ホルモンの減少

成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどは、若さを保つのに必要なホルモンです。しかし、そのホルモンの分泌は加齢と共に低下してしまいます。その逆に、副腎皮質ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなどの老化を促進するホルモンは、加齢と共に分泌が増加します。さらに生活習慣によっても、若さを保つために必要なホルモンの分泌はますます早く低下してしまいます。

精神

人の精神は、「喜」「怒」「悲」「憂」「恐」の5つの感情があり、ストレスなど何らかの要因によってバランスを崩してしまうと、意欲や活力、生きがいを失うことで老化が一気に加速しやすくなります。

アンチエイジングに効果的な7つの習慣

アンチエイジングのために、スキンケアを頑張ったり、フィットネスジムやエステに通うことも有効ですが、老化を防ぐアンチエイジングには食生活が大切です。食生活によって心も体も健やかに保つことができアンチエイジングへとつながります。そんな、アンチエイジング効果的な食生活の7つの習慣をご紹介します。

毎日続ける7つの習慣

①食べる順番

食事をすることで急激に血糖値が上がらないよう、「サラダ」⇒「メインディッシュ」⇒「デザート」や、「酢の物」⇒「煮物・焼き物」⇒「ご飯」⇒「甘味」というように、まずは「食物繊維」、その次に「タンパク質」、そして「炭水化物」という順番で食べるようにしましょう。

②食物繊維をいっぱい摂る

食物繊維の多い食べ物をいっぱい食べることで、急な血糖値の上昇を抑えられるだけでなく、唾液の分泌も増え、また食物繊維は腸で膨らむため満腹感を得やすくなります。また、食の繊維は、腸で消化しきれなった有害物質を絡めて排出されるため、便秘の解消や活性酸素の発生を防ぐことにもつながります。

③朝食は控え目に

午前中は体のデトックスタイムです。朝からお腹いっぱい朝食を食べると、消化活動にエネルギーの多くが使われてしまい、デトックス(排泄)活動に支障をきたしてしまいます。なので朝食の食べ過ぎには注意するようにしましょう。

④オリーブオイルを活用

オリーブオイルには善玉コレステロールを増やし、腸の中で栄養素の吸収を促進する働きなどがあり、アンチエイジングに効果的です。オリーブオイルの中でも、特にエクストラバージンオイルは強力な抗炎症作用があります。

⑤納豆を積極的に食べる

納豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをし、更年期障害や骨の老化、活性酸素を取り除く働きをしてくれます。積極的に納豆などの大豆製品をたべるようにしましょう。

⑥小魚を積極的に食べる

魚には血液を守るエイコサペンタエン酸(EPA)や、脳の機能を維持し目の健康を守るドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富です。特に小魚は、カルシウムを豊富に含んだ骨を含めて魚全体を食べられるのでおすすめです。

⑦食べ合わせを考える

消化のされにくい肉や魚、穀類は食物繊維を多く含んだ野菜や果物と食べ合わせることで、消化しやすくなり内臓への負担を減少できます。「野菜・果物+穀類」や「野菜・果物+肉・魚」とった食べ合わせで食事をしましょう。

ここでご紹介した、アンチエイジングに効果的な食生活の7つの習慣を心がけることで、体の内側からエイジングケアできます。ぜひ、この習慣を取り入れてみてください。

年齢肌はいつから?肌を老化させる5つの原因!

最近、年齢肌という言葉をよく目にするようになりました。年齢肌というのは、シワやくすみ、たるみ、シミやほうれい線など、加齢によって起こる肌の老化全般の悩みをもった肌のことを言います。きれいにメイクをしていても、肌の状態がよくないと老けて見えることがあります。逆に肌がきれいな人は、実年齢を聞いて驚くことがあるのではないでしょうか?それだけ、肌というのは年齢を判断する基準ととなっているのです。

実際に年齢肌はいつから始まるの?肌を老化させる原因は?といった疑問にお答えしていきます。

年齢肌はいつから始まる?

一般的に20代前半のピーク時を過ぎると、肌は徐々に衰えていくとと言われています。
そのため、30代でも年齢肌の悩みをかかえる女性は少なくありません。

実際には、生まれてすぐから肌の老化は始まっています。
だからといって、これは老化現象だから仕方ないと諦めてはいけません。

最近では、肌の老化の原因も研究が進むにつれて徐々に究明され、効果が期待できるアンチエイジング成分や美容法がたくさんあることが分かっています。
アンチエイジングといっても、スキンケアだででなく、食事や運動、マッサージなど対策はさまざまあります。自分のライフスタイルに合った、続けやすい方法を探していきましょう。

そして、肌を老化させる原因を紹介するので、年齢肌対策の参考に参考にしてみてください。それを意識するだけでもアンチエイジング効果が期待できるかもしれません。

肌を老化させる5つの原因

若い頃はまだまだ肌がきれいだと思っていても、生まれた時から肌の老化は始まっています。その5つの原因を紹介していきます。

紫外線による光老化

肌の老化の一番の原因は紫外線です。
肌は紫外線を浴びることで活性酸素が発生します。活性酸素が保湿成分であるコラーゲンを破壊し、シワの原因になります。また、紫外線によりメラニンが生成されることで、シミやそばかす、くすみなどの原因にもなります。少しの紫外線でも肌はダメージを受けているので、日頃から日焼け止めや帽子を使用し、紫外線対策を心がけることが大切です。

身体の酸化

金属が空気に触れると錆びるように、わたしたちの身体でも酸化は起こっています。
これは体内に取り込まれた酸素の一部から、活性酸素ができてしまうためです。皮膚が酸化すると細胞はダメージを受け、ハリや弾力が失われていきます。活性酸素は紫外線だけでなく、ストレスや喫煙、脂質や添加物の多い食事などでも発生しやすくなります。

角質層の乾燥

肌の水分は、角質層の天然保湿成分と皮脂がバランスをとりながら潤いを保っています。しかし、20代を過ぎると皮脂の分泌が減少し、肌は乾燥しやすくなります。乾燥によって角質の弾力が奪われ、古い角質が残ると、肌はガサガサになったり、コラーゲンやそれを支えているエラスチンなども減少し、たるみやシワの原因になになってしまいます。

新陳代謝の低下

年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、コラーゲンの減少、新陳代謝も低下します。それによって、肌細胞を作り出す力も衰えしまいます。そうなると肌はどんどん薄くなっていきます。薄くなった肌は、肌のバリア機能としての働きが弱く、刺激や細菌に対する抵抗力が弱まり、炎症なども起こしやすくなります。

糖化

糖化とは体内のタンパク質や脂質が体内の糖と結びつく現象のことです。体内に余分な糖があるとむずびついて、老化を促す糖化生成物を作り出します。これが肌の黄ぐすみやシワ、たるみ、乾燥によるごわつきの原因になってしまします。

規則正しい生活で老化は防げる

老化の原因を見てみると、スキンケアや、生活習慣を見直すことで、老化を防げるような気がしませんか?
しっかりと睡眠を取り、バランスの取れた食生活を心がけながら、紫外線対策をすることで老化を防ぐことができます。早速今日から、年齢肌に負けないように毎日の生活習慣を見直していきましょう。

年齢肌を改善するには血行を良くすること!

最近ちょっと乾燥が気になると思ったあなたは、もしかしたら年齢肌かもしれません。年齢肌のトラブルに悩んでいる方は血行を良くすることで、改善が期待できます。

年齢肌に悩む女性

30歳を過ぎると、年齢肌に悩む女性が増えてきます。
30歳を過ぎた女性の肌ではどのようなことがおこっているのでしょうか?

女性で敏感肌という言葉を知らないという方はほとんどいないのではないでしょうか。
敏感肌とは、常に肌にある皮脂や水分が足りず乾燥してしまう為に、肌を保護するバリア機能が弱まった状態です。
敏感肌の状態が長い間継続する為に、肌トラブルが発生しやすくなっているわけです。

30歳を過ぎた女性は、敏感肌であるかどうかにかかわらず、肌の水分量が少なくなっています。
それは、肌に必要な保湿成分の作られる量が減っているからです。

「そういえばここ数年は、日常的に肌が乾燥しているような気がする。」ということはありませんか?
それは、年齢肌によって水分の量が減っているからかもしれません。

「どうってことのない乾燥肌でしょ!?」と手を加えないと、想像もしていなかった肌トラブルが起こることも無きにしもあらずなのです。

肌の水分量が減ると

肌の水分量が減り乾燥している肌は、肌のバリア機能が落ち込んでいるため刺激に弱く、肌の柔軟性がなくなったり、しわ、たるみ、くすみといってた年齢肌のトラブルがおこりやすい状態になるるため、気をつけなければいけません。

また、肌のバリア器機能が落ち込んでいると紫外線のダメージも受けやすくなります。
肌が紫外線によるダメージを受けると、メラニンが生成され、また、生成されたメラニンの排出が追い付かなくなり、それが年齢肌のトラブルの象徴であるシミの元凶になるというわけです。

シミを回避したいと思うなら、肌の新陳代謝を促す働きをし、メラニンを排出する効果が望める「ビタミンA」と、メラニンの沈着を防ぎ、シミを薄くする作用を持つ「ビタミンC」を摂取すべきです。

血行をよくすることが肌にいい

シミを回避するために肌の新陳代謝を促すということは、身体の血行を良くして身体全部のキャパシティーを良化することを意味します。すなわち、活力があるカラダを作るということです。

そのことから「健康」と「美肌」は密接な関係にあるということがわかります。

継続的にエクササイズなどを行なって血行を良くすることは、肌の新陳代謝を促し、肌のターンオーバーも促進され、メラニンの排出し、より透明感漂う美白を獲得することができるかもしれないのです。

また、肌のターンオーバーが促進されるということは、新しい肌細胞が生まれやすくなるということ。
そうすると肌に活力が生まれ、しわやたるみ、くすみなどにも効果が期待できるということです。

そして、血行を良くすることと同時に行わないといけないのは、
肌に、少なくなった水分と水分をとどめておく保湿成分を補ってあげることです。

そうすることで年齢肌を改善していくことができます。

そして、もう一つ大事なことは肌にダメージを与える紫外線の対策です。
紫外線は肌にダメージをあたえるだけでなく、
「すこし日に当たった程度だったら大丈夫と、対策せずにいたらシミになってしまった!」という例みたいに、普通は気を使っている方でさえも、この程度なら大丈夫と思っていたらシミになっていたということは、よくある話です。

紫外線対策は夏だけでなく1年中行うようにしましょう。

年齢肌を改善するには血行を良くすることのまとめ

今回お伝えしたことをまとめると以下のようになります。

・最近、肌が乾燥していると感じたら年齢肌かも
・年齢肌は肌の水分量が減った状態
・肌の水分量が減ると肌トラブルが増える
・血行をよくすると肌の新陳代謝がよくなる
・保湿と紫外線対策が大事